賃貸物件のオーナー|ランキングサイトを比較してマンション管理会社を探そう

ランキングサイトを比較してマンション管理会社を探そう

積み木

賃貸物件のオーナー

男性

賃貸物件の管理をする仕事

賃貸管理とは、アパートやマンションの賃貸の管理をする仕事です。主に物件の管理と賃料の管理を行います。賃貸物件の入居者の募集から、家賃集金、住居者からの問題やクレーム対応、敷金礼金の管理、退去後の処理など多岐に渡ります。これらを分けると物理的な管理、つまり清掃や修理などと、賃料管理これは家賃や敷金礼金などお金の管理との二つになります。これらを含めた賃貸管理は、不動産会社に委託する形をとるオーナーが多いです。家賃の滞納や退去時の敷金精算など、トラブルが発生しやすいことも不動産会社に委託する理由のひとつです。一方でオーナー自ら賃貸管理をする人もいます。しかし二十四時間対応が求められる賃貸管理はなかなか難しいものです。トラブルがあったときに自分だけでは対処しきれないこともあるかもしれません。

賃貸不動産会社の選び方

不動産会社の賃貸管理は、入居者との仲介、オーナーとの物件委託管理という契約をします。入居者とオーナーの間に存在するのが賃貸管理不動産会社です。オーナー側は、不動産会社を選ぶ際に単に知名度だけで選ぶことは危険です。それは不動産会社にも様々な会社があるからです。オーナーにとって物件は大切な資産です。集客力の強い会社、信頼のおける会社を見極める必要があります。また不動産会社は仲介手数料で利益を得ます。この仲介手数料も不動産会社によるため、委託する際の判断材料にします。少子高齢化の日本において、今や住宅数は世帯数を上回り、住宅過多状態となっています。賃貸管理における不動産会社の役割はますます大きくなる中で、実績のある信頼出来る賃貸管理会社を選ぶことが必要です。